ステークカジノログイン

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Englishフリーワードで探す詳細検索はこちら検索研究者基本情報研究専門分野学歴学位所属学協会経歴研究活動情報研究分野論文書籍等出版物受賞髙橋 詠二 タカハシ エイジ■所属部署名整形外科学■職名講師  研究者基本情報研究研究の概要:セメント固定式人工股関節ステムにおいてステムの表面加工法による長期成績差が存在することが臨床報告されている.しかし, その理由は不明でありバイオメカモデルを用いてその理由を究明している. また, 日本人の近位大腿骨に適合するセメントレスステム形状の研究も行なっている.これらにより長期耐用性をもつ人工股関節ステムの開発が期待できると考える専門分野整形外科学学歴金沢医科大学 大学院金沢医科大学 医学部学位博士(医学)所属学協会2005年日本整形外科学会 会員2007年日本股関節学会 会員2009年07月中部日本整形外科災害外科学会 会員2010年日本人工関節学会 会員2010年日本肩関節学会 会員経歴2013年04月金沢医科大学 助教2022年10月金沢医科大学 講師研究活動情報研究分野医歯薬学 / 外科系臨床医学整形外科学研究課題: 人工股関節のバイオメカニクス論文女性人工股関節全置換術患者の術前後の歩容の自己評価モデルの開発:構造方程式モデリングを用いた分析, (松本智里), 加藤真由美, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 高橋詠二, 平松知子, 谷口好美, 日本看護科学会誌, 40:177-186, 2020年12月炎症性腸疾患に伴った股関節炎に対しTHAを行った1例, 三好亮輔, 兼氏 歩, 福井清数, 市堰 徹, 髙橋詠二, 川原範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 62:325-326, 2019年03月若年者(45歳以下)に対するTHAの長期成績, 吉岡薫人, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 髙橋詠二, 川原範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 62:141-142, 2019年01月先天性橈尺骨癒合症に尺骨神経障害を生じた1例, 辻岡純一, 髙橋詠二, 廣村健太郎, 清水義朗, 川原範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61:871-872, 2018年07月急速に股関節亜脱臼を生じた皮膚筋炎の1例, 藤田浩二, 兼氏 歩, 高橋詠二, 福井 信, 福井清数, 川原範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 61:953-954, 2018年09月Biomechanical behaviour of a French femoral component with thin cement mantle, Y.Numata, A.Kaneuji, L.Kerboull, E.Takahashi, T.Ichiseki, K.Fukui, J.Tsujioka, N.Kawahara, Bone & Joint Research, 7:485-493, 2018年08月DOI:10.1302/2046-3758.77.BJR-2017-0288.R2女性変形性股関節症患者の術前後の歩容の自己評価と心理社会的側面の検討 ―人工股関節全置換術患者と低侵襲寛骨臼骨切り術患者の比較―, (松本智里), 加藤真由美, 兼氏 歩, 福井清数, 髙橋詠二, 平松知子, 谷口好美, 日本看護科学会誌, 38:309-317, 2018年12月DOI:10.5630/jans.38.309術前指導内容が低侵襲寛骨臼骨切り術後の筋力回復に及ぼす影響, 川原誓子, 兼氏 歩, 高橋詠二, 神戸晃男, 影近謙治, Hip Joint, 44:S244-S247, 2018年08月低侵襲寛骨臼骨切り術(SPO)例に対する日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)による術後評価, 髙橋詠二, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 沼田優平, 川原範夫, Hip Joint, 44:41-46, 2018年08月前方侵入低侵襲寛骨臼骨切り術(SPO)における術後3ヵ月の膝関節伸展,屈曲筋力の回復率, 川原誓子, 神戸晃男, 影近謙治, 兼氏 歩, 高橋詠二, 沼田優平, Hip Joint, 43:S273-S275, 2017年08月The influence of cement thickness on stem subsidence and cement creep in a collarless polished tapered stem: When are thick cement mantles detrimental?, E.Takahashi, A.Kaneuji, R.Tsuda, Y.Numata, T.Ichiseki, K.Fukui, N.Kawahara, Bone & joint research, 6:351-357, 2017年05月DOI:10.1302/2046-3758.65.BJR-2017-0028.R1寛骨臼回転骨切り術後患者における評価 -JOAスコアとJHEQの比較および満足度調査-, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 髙橋詠二, 松本忠美, 比江島欣慎, Hip Joint, 40:41-43, 2014年08月アルコール性大腿骨頭壊死症に併存したcam impingementに対する鏡視下手術の治療経験, 福井清数, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 髙橋詠二, 松本忠美, Hip Joint, 39:128-131, 2013年08月弾発股に対し内視鏡下腸脛靭帯切離術を施行した1例, 髙橋 詠二, 杉森端三, 兼氏 歩, 松本忠美, Hip Joint, 35:853-856, 2009年10月前方侵入低侵襲寛骨臼骨切り術(SPO)後の股関節外転筋力、膝関節伸展筋力の推移, 川原誓子, 神戸晃男, 影近謙治, 高橋詠二, 兼氏 歩, Hip Joint, 42:109-111, 2016年7cm皮切で行う低侵襲寛骨臼骨切り術(Spherical Periacetabular Osteotomy:SPO)の短期成績, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 高橋詠二, 沼田優平, 松本忠美, 原 敏彦, Hip Joint, 42:256-259, 2016年08月7cm皮切で行う低侵襲寛骨臼骨切り術(Spherical Periacetabular Osteotomy:SPO)の手術手技と工夫, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 高橋詠二, 沼田優平, 松本忠美, 原 俊彦, Hip Joint, 42:260-264, 2016年08月寛骨臼形成不全に対する寛骨臼回転骨切り術 ―20年未満に人工股関節全置換術に移行する率と20年以上経過例における変形性股関節症の進行, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 高橋詠二, 松本忠美, 整形外科, 67:583-590, 2016年06月新しいアナトミカルステム使用例における術後5年の大腿骨骨密度変化, 高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 田口慶太, 松本忠美, 日本人工関節学会誌, 45:147-148, 2015年12月大腿骨減捻骨切り術を施行した成人変形性股関節症例の中期成績, 高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美, Hip Joint, 41:991-994, 2015年08月梨状筋温存後方アプローチによるTHAの脱臼率, 高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58:675-676, 2015年07月恥坐骨軟骨結合骨髄炎を呈した1例, 相馬大輔, 兼氏 歩, 高橋詠二, 松本忠美, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 58:511-512, 2015年05月Rotational acetabular osteotomy for osteoarthritis with acetabular dysplasia: Conversion rate to total hip arthroplasty within twenty years and osteoarthritis progression after a minimum of twenty years, A.Kaneuji, T.Sugimori, T.Ichiseki, K.Fukui, E.Takahashi, T.Matsumoto, The Journal of bone and joint surgery. American volume, 97:726-732, 2015年05月Line to line テクニックでスクリュー固定した fiber metal porous cementless cup の10年以上の成績, 髙橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美, 日本人工関節学会誌, 44:297-298, 2014年12月Cementless anatomic total hip femoral component with circumferential porous coating for hips with developmental dysplasia: a minimum ten-year follow-up period., A.Kaneuji, T.Sugimori, T.Ichiseki, K.Fukui, E.Takahashi, T.Matsumoto, The Journal of arthroplasty, 28:1746-1750, 2013年12月セメントステム使用人工股関節置換術におけるIBBCテクニックと大腿骨海綿骨化, 福井清数, 兼氏 歩, 髙橋詠二, 杉森端三, 市堰 徹, 松本忠美, 関節外科, 32:576-581, 2013年05月研磨仕上げ人工股関節ステムにおける骨セメント層の厚みとセメントクリープとの関係, 髙橋詠二, 金沢医科大学雑誌, 38:1-8, 2013年03月FAIの診断と治療 日本人のFAIは変形性股関節症を発生させるか? -Cross-over sign陽性例の平均20年の観察-, 兼氏 歩, 福井清数, 市堰 徹, 髙橋詠二, 松本忠美, 中部整災誌, 55:705-706, 2012年07月Polished tapered stem を用いた hybrid THA の中期成績, 髙橋 詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 湯浅泰広, 松本忠美, 日本人工関節学会誌, 40:402-403, 2010年12月関節リウマチに対して臼底部骨移植を併用したセメントレスカップの成績, 髙橋 詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 松本忠美, 中部整災誌, 53:161-162, 2010年01月Satisfactory outcomes in patients operated with primary total hip arthroplasty for perthes-like deformities: Results from a surgical techniqueutilizing a conical stem, an elevated hip center, and no shortening femoral osteotomy, Eiji Takahashi, Ayumi Kaneuji , Isabella Florissi, Charles R Bragdon, Henrik Malchau, Norio Kawahara, Arthroplasty Today, 7:29-36, 2021年02月DOI:10.1016/j.artd.2020.11.016【大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術 エビデンスに基づく手術手技と機種選択の実際】手術手技 セメント人工骨頭 手術手技、注意点および機種選択の実際, 髙橋詠二, 兼氏 歩, 整形外科Surgical Technique, 11:318-325, 2021年06月Long-term outcomes for cementless anatomic femoral components, compared by area of porous coating, in patients younger than 50 years treated for hip dysplasia, Ayumi Kaneuji, Eiji Takahashi, Makoto Fukui, Toru Ichiseki, Kiyokazu Fukui, Norio Kawahara, The Journal of Arthroplasty, 36:2864-2870, 2021年08月DOI:10.1016/j.arth.2021.03.024A novel minimally invasive spherical periacetabular osteotomy: pelvic ring preservation and patient-specific osteotomy by preoperative 3-dimensional templating, Ayumi Kaneuji, Toshihiko Hara, Eiji Takahashi, Kiyokazu Fukui, Toru Ichiseki, Norio Kawahara, The Journal of bone and joint surgery. American volume, 103:1724-1733, 2021年09月DOI:10.2106/JBJS.20.00940CORAILステムのカラー下の骨延伸反応, 福井 信, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 高橋詠二, 相馬大輔, 沼田優平, 川原範夫, 日本人工関節学会誌, 51:43-44, 2021年12月Evaluation of three-dimensional bioprinted human cartilage powder combined with micronized subcutaneous adipose tissues for the repair of osteochondral defects in beagle dogs, (Jina Ryu), Mats Brittberg, Bomi Nam, Jinyeong Chae, Minju Kim, Yhan Colon Iban, Martin Magneli, Eiji Takahashi, Bharti Khurana, Charles R. Bragdon, International Journal of Molecular Sciences, 23:2743, 2022年03月DOI:10.3390/ijms23052743Current research on subchondral insufficiency fracture of the femoral head, Mingliang Chen, Xipeng Wang, Eiji Takahashi, Ayumi Kaneuji, You Zhou, Norio Kawahara, Clinics in Orthopedic Surgery, 14:477-485, 2022年12月DOI:10.4055/cios22175Spherical periacetabular osteotomy, (Toshihiko Hara), Ayumi Kaneuji, Kazuhiko Sonoda, Tetsuro Nakamura, Masanori Fujii, Eiji Takahashi, JBJS Essential Surgical Techniques, 12:e21.00048, 2022年09月DOI:10.2106/JBJS.ST.21.00048【専門医のための症例問題トレーニング】骨盤・股関節疾患, 髙橋詠二, 兼氏 歩, 整形外科, 73:371-374, 2022年04月DOI:10.15106/j_seikei73_371【関節温存のための変形性股関節症治療戦略】手術 Spherical Periacetabular Osteotomy, 髙橋詠二, 兼氏 歩, Orthopaedics, 35:73-84, 2022年10月Spherical periacetabular osteotomy における早期筋力回復と合併症低減の試み, 兼氏 歩, 髙橋詠二, 整形・災害外科, 65:1663-1672, 2022年12月DOI:10.18888/se.0000002383歩行困難を来した大腿直筋石灰化腱炎の1例, 辻口友貴, 髙橋詠二, 米澤幸平, 兼氏 歩, 川原範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 65:349-350, 2022年05月DOI:10.11359/chubu.2022.349Angular changes in pelvic tilt and cup orientation at a minimum of eighteen years after primary total hip arthroplasty with an uncemented cup, Mingliang Chen, Ayumi Kaneuji, Eiji Takahashi, Makoto Fukui, Toru Ichiseki, Norio Kawahara, International Orthopaedics, 47:75-81, 2023年01月DOI:10.1007/s00264-022-05610-yDoes the dual mobility cup reduce dislocation after primary total hip arthroplasty in elderly patients at high risk of dislocation?, Mingliang Chen, Eiji Takahashi, Ayumi Kaneuji, Yoshiyuki Tachi, Makoto Fukui, Yugo Orita, Toru Ichiseki, You Zhou, Norio Kawahara, Orthopaedic Surgery, 15:496-501, 2023年02月DOI:10.1111/os.13613Collarless polished tapered stems of identical shape povide differing outcomes for stainless steel and cobalt chrome: A biomechanical study, Ayumi Kaneuji, Mingliang Chen, Eiji Takahashi, Noriyuki Takano, Makoto Fukui, Daisuke Soma, Yoshiyuki Tachi, Yugo Orita, Toru Ichiseki and Norio Kawahara, Journal of Functional Biomaterials, 14:262, 2023年05月DOI:10.3390/jfb14050262Comparative study of highly cross-linked polyethylene liner wear by hip center location using elevated hip center technique in Crowe I to III hip dysplasia: outcomes for a minimum of eighteen years of follow-up, Eiji Takahashi, Mingliang Chen, Ayumi Kaneuji, Daisuke Soma, Makoto Fukui, Norio Kawahara, The Journal of Arthroplasty, 38:2655-2660, 2023年12月DOI:10.1016/j.arth.2023.05.078股関節鏡下手術後のOA進行例に対して低侵襲寛骨臼骨切り術を行った2例, 内海友希, 兼氏 歩, 髙橋詠二, 福井 信, 相馬大輔, 川原範夫, 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 66:839-840, 2023年09月Hip-sacroiliac joint-spine syndrome in total hip arthroplasty patients, Ayumi Kaneuji, Makoto Fukui, Eiji Takahashi, Yusuke Sanji, Hiroaki Hirata, Norio Kawahara, Scientific Reports, 14:3813, 2024年02月DOI:10.1038/s41598-024-54472-4Implant fixation of primary total hip arthroplasty using a cementless cup for osteoarthritis secondary to developmental dysplasia of the hip: A prospective multicenter study in Japan, Ayumi Kaneuji, Hiroshi Imai, Ryo Sugama, Yoichi Ohta, Kiyokazu Fukui, Eiji Takahashi, Haruhiko Akiyama, Takaki Miyagawa, Junya Yoshitani, Hideki Fujii, Ayano Amagami, Minoru Watanabe, Takayuki Honda, Akihiko Maeda, Yoshihiro Nakamura, Naofumi Taniguchi, Jiro Ichikawa, David W. Fawley, Junko Yasuda, Journal of Joint Surgery and Research, 2:19-24, 2024年01月DOI:10.1016/j.jjoisr.2023.12.001Application of deep learning for automated diagnosis and classification of hip dysplasia on plain radiographs, (Martin Magnéli), Alireza Borjali, Eiji Takahashi, Michael Axenhus, Henrik Malchau, Orhun K. Moratoglu, Kartik M. Varadarajan, BMC Musculoskeletal Disorders, 25:117, 2024年02月DOI:10.1186/s12891-024-07244-0Short porous anatomical stem (APS Natural Hip stem) における術後10年の骨密度変化, 福井 信, 兼氏 歩, 高橋詠二, 市堰 徹, 相馬大輔, 川原範夫, 日本人工関節学会誌, 53:61-62, 2023年12月書籍等出版物【VI.周術期trouble shooting】術中不安定性への対処Primary THAの要点と盲点(中島康晴, 編)髙橋詠二, 兼氏 歩文光堂 2022年05月【第2章 臨床評価】第3節 カラー下の骨新生日本におけるCORAIL®人工股関節の実際(加谷光規, 松原正明, 兼氏歩,他, 監修)髙橋詠二, 福井 信, 兼氏 歩丸善プラネット㈱ 2022年12月受賞2018年07月 金沢医科大学医学会「論文表彰」 The influence of cement thickness on stem subsidence and cement creep in a collarless polished tapered stem: When are thick cement mantles detrimental?髙橋詠二※閲覧上の注意:直近1~2年の業績は毎年7~9月に担当委員会が実施する点検により、後日情報を修正することがありますのでご了承ください。Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.

ブラジレイロ・セリエa順位 ピエーミル・ホイビュア stakeカジノボーナスコード ビーベット入金反映
Copyright ©ステークカジノログイン The Paper All rights reserved.